NANONINE

文字数とPV数の関係

Relationship betwee the number of characters and the number of pegeview.

文字数とサイトのPV数と関係があるのでしょうか?

PV数を解析すると意外のことが判明しましたので、みなさんにお知らせします。

比較

事例(1
某有名パン屋さんの場合

週に1回か2回のペースでBlogを公開。内容的には、おいしそうなパンの写真が1枚。焼きあがったパンを140文字程度で紹介。Facebookもやってます。

文字数に対してのPV率は、2%です。

事例(2
サプリを某ネットショップを販売しているBlogの場合

プロのコピーライターが書いた入魂の1,000文字のコンテンツ。彼は、この記事を書くためのに3冊の関連本を読破しました。

文字数に対してのPV率は、10%です。

事例(3
SEOのコンテンツを掲載している某オンデマンド・メディアの場合

文字数は、10,000文字。

はたして、PV数はどれぐらいあるのでしょうか?

おそらく、ライターとしての本来の資質は「事例(2」の方が高いでしょう。

かたや「事例(3」を書いているライターさんは、SEOについて書いてらっしゃるので、Webの知見はあるはずです。

仮に少なく見積もって、2,000PVだとします。

だとしたら費用対効果は「事例(1」と同じになります。

まとめ

コンテンツ力なのか文字数なのか意見が別れるとこですが、わたし個人的の意見としては、興味のあるコンテンツを端的に説明してもらえることの方がベネフィット(便益)を感じます。

余談

考え方が古いんですかね? ただ修飾語の多い日本語は、苦手です。

作家を例えるなら、三島由紀夫より志賀直哉が好きというぐらいですが。

でも、三島由紀夫の「レター教室」は大好きです。彼のおかげで日本語を書く喜ぶを得ました。ぜひ、ご興味のある方は、お読みください。内容的には、大正版「渡る世間は鬼ばかり」のような感じです。ちなみに筆者は、山岡久乃が出ていた頃の渡鬼は好きでした。

また脱線をしてしまいました。特にPV数を上げるための施策のためでは、ありませんので(笑) このコンテンツは、927文字です。