NANONINE

+メッセージ(プラスメッセージ)配信?

Release the plus message app?

今日は、2018年5月9日(水)です。

何の日でしょう? 祝日ではありません。

+メッセージが、各キャリアから配信する(はず)だった日です。

朝起きてApp Storeで「+メッセージ」を検索。何も表示しない。確か今日だったはず。

Safari Mobileで「SoftBank」を検索。準備が出来次第、対応予定ですの文字が。

そう、筆者はiPhoneを使っています。Androidは、今日から配信しているそうです。

+メッセージとは?

+メッセージの最大特長は、ケータイ番号でメッセージのやりとりができます。

また特記したいのが、Webと同じく標準化技術だということです。

移動体通信業界団体「GSM Association(GSMA)」が「SMS(Short Message Service)」の次世代メッセージ規格として策定したのが「RCS(Rich Communication Services)」です。

Googleが普及活動に取り込んでいる肝入りです。

Microsoftも協賛しています。

まとめ

筆者は、iMessageを深く愛しています。ケータイ番号を知っているだけで、メッセージが送れるし、話せるし。

SMSのようなお金はかかりません。

もういろんなアカウントを作って、人に知らせたくもないし、知りたくもない。

正直LINEは、誰が誰なのかまったくわからないのが難です。履歴が消え、仕事で使えないのも個人的には否定します。

iPhoneでも、iMac、iPad、Apple Watchでも同じアカウントでメッセージが送れるのは、すばらしいことです。

ある意味、Appleはあるべき未来を提示しているように思えます。

OSやキャリアの違いで垣根ができないことが、一番望ましい。

海外の方にもこれひとつでメッセージが送れるといいですね。